鯖寒リターンズ。鯖の寒干しをあいつらから守ろうじゃないか feat ABEJA Platform

この投稿は、ABEJA Advent Calendar 2019 12 日目 の記事です。 この記事は、オランダで新鮮な魚の干物を作りたいプログラマーが、大切な干物を外敵から守るためだけのシステムを構築するために、まだプレビューの ABEJA Platform を使わせてもらって、関係者を引きづり回し(ている)記録です。執筆時点で、構築は途中でありこの話題は来年も続いていくであろうことを先にご報告しておきます。 前提として、筆者は ML に関して深い知識はほぼゼロです。 「ML(おもに教師データあり)周りのプロセスと、用語、そしてそれがなんとなく何するかはわかる」というレベルです。 ゴール ざっくりいいうと、鳥(カモメとウミネコとカモ)を検知したら、鳥よけシステム(リボンをつけた棒)がぐるぐる回るシステムを作ります。 材料 ラズパイ 棒 リボン ラズパイ用カメラ 推論エンドポイント そして、今回執筆時点で構築途中(すいません)そして、ABEJA Advent Calendar ということで、推論エンドポイントができるまでを記載しています。 推論エンドポイントの作成 Step1: 鳥検知モデル ベースとなるデータセットは、Caltech-UCSD Birds 200 を使います。このデータセットは AWS ブログ の DeepLens と SageMaker を使った鳥検知 サンプル で使用されていたデータです。このデータセットには、すでにアノテーションされたデータが含まれており、200種類の鳥の種類を検知できるようになっています。ただし、今回は、「カモ」「カモメ」「ウミネコ」を検知したいのと、他の鳥はなんでもかまわないので、画像データのみを拝借して自力でアノテーションします。 モデルを作成するとき、いきなり全てのデータを使ってモデルを作るのは時間もかかりますし、アノテーション作業が大変なので、一般にはまず小さなデータでモデルを作ってテストをしながら、意図した推論結果が得られるようにサイクルを回すようです。 母集団からデータをサンプリング サンプリングしたデータをアノテーション テスト用データセットを作成 モデルをデプロイ テスト テストして結果が思わしくない場合は、サンプリングするデータを増やす、アノテーションを見直す、違うデータをサンプリングしてみる、などして、推論結果をテストしていきます。 Read more…

Shifter+WordProofで静的サイトにコンテンツ保護をプラスしよう

この投稿は、Shifter Advent Calendar 2019 9 日目の記事です。 「Shifterを使って WordPressサイトを静的化しつつ、記事のタイムスタンプをブロックチェーンに記録して、コンテンツのオリジナリティを証明しましょう」というお話です。WordPressの文脈からはあまり聞こえることがないブロックチェーンというワードですが、この記事を通して WordPressとブロックチェーンがどのように関わるのか。そして、Shifter と組み合わせたときにどんなシナジーが生まれるのかについて、お話したいと思います。 WordProof Timestamp WordProof Timestamp は WordPressのポストのメタデータ(作成日時、更新日時、タイトル、記事IDなど)を ブロックチェーンに記録する WordPress プラグインです。現在 Versionは、2.3.3 となっています。WordProofは、WORD というトークンを使って、タイムスタンプをブロックチェーンに書き込みます。ユーザーはWORDをWordProofから購入し、タイムスタンプを記録するごとに消費していくことになります。 WordProof には、「Automatic」モードと、「Manual」モードがあります。「Automatic」モードは、WordProofのSaaSにサインアップしてAPIキーを発行し、このAPIキーを利用してブロックチェーンに記事のタイムスタンプを書きみます。WordProof のSaaSがタイムスタンプする作業を代替してくれるイメージです。これに対して、「Manual」モードは、ブロックチェーンネットワークへのアカウント登録、トークンを管理する「ウォレット」の設定を自分で行います。「Manual」モードの場合は、最初の10WORD発行されて、毎日10WORD補充されていきますので、あまり頻繁に更新されないサイトであれば、実質無料で利用できます。 執筆時点(2019年12月8日) で Shifter に対応しているのは「Manual」モードのみです。本記事でもこの Manualモードを前提に話を進めます。 セットアップ Shifter ダッシュボードから WordPressを起動して、先ほどの WordProof Timestamp をインストールします。Manual モードのタブで、利用するブロックチェーンネットワークを選択して、「Launch the Setup Wizard」をクリックして、ウィザードにしたがってセットアップを進めます。進めていく中で、ブロックチェーンネットワークへのアカウント作成と、ウォレットの作成が要求されます。 いきなり本番用のブロックチェーンに記録したくない場合は、テスト用のブロックチェーンネットワークが用意されています。「Show advanced settings」をクリックして、「EOS Jungle Testnet」を選びます。 セットアップが完了したら、次は、Shifterで行うPublishingの設定を行います。WordProof ー> General Settings Read more…

Simple Mocking of DynamoDb data mapper in the Jest code

DynamoDB Data Mapper is an awslab’s open source project. This is very helpful as the ORM library for your application. But for testing, there is something tricky because Query and Scan return QueryIterator(nearby AsyncIterator) DynamoDB data mapperhttps://github.com/awslabs/dynamodb-data-mapper-js Mocking I’m happy to become this example can be helpful to you.

Alexa Day 2019

Outline Space Alpha Sannomiya – KOBE, Japan Fully Amazon Alexa Focusing Conference and of the around ML, IoT technologies of AWS.https://alexaday2019.aajug.jp/– Shift to Voice First – Attendees 200 (Registrations 240)Supporters: 24 https://alexaday2019.aajug.jp/supporters/Speakers: 18 + 7 challengers. https://alexaday2019.aajug.jp/speaker/Staffs: 17 This is fully organized by volunteers from the AAJUG (Amazon Alexa Japan Read more…