鯖寒リターンズ。鯖の寒干しをあいつらから守ろうじゃないか feat ABEJA Platform

この投稿は、ABEJA Advent Calendar 2019 12 日目 の記事です。 この記事は、オランダで新鮮な魚の干物を作りたいプログラマーが、大切な干物を外敵から守るためだけのシステムを構築するために、まだプレビューの ABEJA Platform を使わせてもらって、関係者を引きづり回し(ている)記録です。執筆時点で、構築は途中でありこの話題は来年も続いていくであろうことを先にご報告しておきます。 前提として、筆者は ML に関して深い知識はほぼゼロです。 「ML(おもに教師データあり)周りのプロセスと、用語、そしてそれがなんとなく何するかはわかる」というレベルです。 ゴール ざっくりいいうと、鳥(カモメとウミネコとカモ)を検知したら、鳥よけシステム(リボンをつけた棒)がぐるぐる回るシステムを作ります。 材料 ラズパイ 棒 リボン ラズパイ用カメラ 推論エンドポイント そして、今回執筆時点で構築途中(すいません)そして、ABEJA Advent Calendar ということで、推論エンドポイントができるまでを記載しています。 推論エンドポイントの作成 Step1: 鳥検知モデル ベースとなるデータセットは、Caltech-UCSD Birds 200 を使います。このデータセットは AWS ブログ の DeepLens と SageMaker を使った鳥検知 サンプル で使用されていたデータです。このデータセットには、すでにアノテーションされたデータが含まれており、200種類の鳥の種類を検知できるようになっています。ただし、今回は、「カモ」「カモメ」「ウミネコ」を検知したいのと、他の鳥はなんでもかまわないので、画像データのみを拝借して自力でアノテーションします。 モデルを作成するとき、いきなり全てのデータを使ってモデルを作るのは時間もかかりますし、アノテーション作業が大変なので、一般にはまず小さなデータでモデルを作ってテストをしながら、意図した推論結果が得られるようにサイクルを回すようです。 母集団からデータをサンプリング サンプリングしたデータをアノテーション テスト用データセットを作成 モデルをデプロイ テスト テストして結果が思わしくない場合は、サンプリングするデータを増やす、アノテーションを見直す、違うデータをサンプリングしてみる、などして、推論結果をテストしていきます。 Read more…

Simple Mocking of DynamoDb data mapper in the Jest code

DynamoDB Data Mapper is an awslab’s open source project. This is very helpful as the ORM library for your application. But for testing, there is something tricky because Query and Scan return QueryIterator(nearby AsyncIterator) DynamoDB data mapperhttps://github.com/awslabs/dynamodb-data-mapper-js Mocking I’m happy to become this example can be helpful to you.

Alexa Day 2019

Outline Space Alpha Sannomiya – KOBE, Japan Fully Amazon Alexa Focusing Conference and of the around ML, IoT technologies of AWS.https://alexaday2019.aajug.jp/– Shift to Voice First – Attendees 200 (Registrations 240)Supporters: 24 https://alexaday2019.aajug.jp/supporters/Speakers: 18 + 7 challengers. https://alexaday2019.aajug.jp/speaker/Staffs: 17 This is fully organized by volunteers from the AAJUG (Amazon Alexa Japan Read more…

AAJUG Online Discussion #01

The AAJUG is a short name of Amazon Alexa Japan User Group. The first online meetup was taken placed on 4 June 2018. https://aajug.connpass.com/event/92574/ Thank you to all attendees! Topics self-introducing about your skill how do you usually do the test? how to test the SSML which is better node Read more…

Alexa meetup #02 was suspended.

Alexa meetup #02 was suspended at 7:30 pm. Because of many members canceled. I’m sorry for attendees. We will give the contents next meetup. Thank you for trivago Amsterdam. [Meetup page Amazon Alexa meetup #02 ](https://www.meetup.com/ja-JP/jawsug_netherlands_branch/events/251187033/)  

WordBenchが終わることについて

This post is written in Japanese. For thinking about community.   WordBench が終わることについて思うこと 僕は、WordPress のコミュニティにそれほど関わってる人間ではありません。WordBench には1、2回参加し、WordCamp KyotoでLTした、くらいの人間です。そんな数少ない参加でも、、それでも、WordBench は他のコミュニティよりも、よりピースフルな場所に感じていて、僕自身もWordPressではないですが、コミュニティを運営する立場の一人として、コミュニティに助けられた一人として、先日の「WordBench 終了」というのは、とても寂しい気持ちになった、というのが正直なところです。 一個人がブートしたコミュニティが10年も続いたんです。止めたい時に止めればいいと僕は思います。 (もちろん、もったいないなあという気持ちはありますが。) コミュニティを先導したのはMiyoshiさん(と有志のボランティアメンバー)、なのであれば、最終決定もMiyoshiさんがすればいい、というのが私の考えです。コミュニティは大きくなった、メンバーも増えた、それに群がる人たちも増えてきた。WordPressがデファクトスタンダードになるにつれて、不協和音も起こる、それを軌道修正しようとしたけどダメだった。止めます。それでいいじゃない?と思います。 「いままでありがとう! あとは僕らが引き継ぐ!」みたいなのが起こったらそれはそれで続ければいいんじゃない?と。 そんな単純は話でないことはわかっていますが、止めるという意思も尊重したい。WordBenchの存続を望む声が多いんなら、遅かれ早かれ、引き継ぐ人が出るでしょう。コミュニティは、それくらいの「軽さ」でいいんではないか? と思うのです。   10年続いたコミュニティなんです。ひとまず、ほんとにおつかれさまでしたと言いたい。 今後 meetup.com へ移行していくようですが、体裁やレギュレーションの差異はあれど、WordBenchの価値観がこれまでと変わりなく続いていくことに僕は楽観的です。これだけWordBenchを思う人たちが声をあげて議論がされてるところを見ると、作り上げてきたものはちゃんと伝搬してるのではないかと思います。 マル。